2016年5月28日土曜日

基本的には深刻なバカよりも明るいバカと一緒にいたいと思う

“楽しく生きるためにルールがあるとすれば、それは「悲壮感を漂わせないこと」だと思う。明るいバカに人は集まる。誰だって悲壮感に満ち溢れた人や、常に誰かを恨んだり悲しみに暮れ続けている人と同じ時間を過ごしたいとは思わないし、基本的には深刻なバカよりも明るいバカと一緒にいたいと思うはずだ。”