2017年6月29日木曜日

アメリカ精神医学会は、精神科医が直接診察していない政治家などについて医学的意見を述べることを禁じてます

"

まだ誰もトランプが大統領になるなんて思っていなかった時期に来たるべき悪夢を見事に云い当てたマイケル・ムーアは、その予言の時点でトランプがソシオパスだと断言しています。

かつて、『トランプ自伝』のゴーストライターをするために長期間本人を取材したトニー・シュウォルツは、あのような事実に反する提灯本を執筆したことを後悔し、こんどまた彼の自伝を書くとしたらタイトルは『ソシオパス』にすると云ってます。

サイコパスとソシオパスは、先天性と後天性で分けたりもしますが、実際には遺伝と環境の組み合わせで人間の性質は決まるので、ほとんどのサイコパス専門家は両者を区別する意味はないとしています。つまり、誰よりもトランプをよく知るムーアやシュウォルツは、あれこそサイコパスだと主張しているわけです。

アメリカ精神医学会は、精神科医が直接診察していない政治家などについて医学的意見を述べることを禁じてます。先ごろ専門家35人が、あえてこの禁令を破り、トランプは精神的に問題があるので大統領職は務まらないと発表して話題になりました。

それを受けて、精神医学の規範である診断マニュアルの編集委員長も務めたアレン・フランシス博士は、安易な診断を下す人々を批判。トランプの自己愛は強烈で、常に賞賛を求め、共感がなく、搾取的で、傲慢だが、本人が精神的苦痛を感じていないので自己愛性パーソナリティ障害では断じてないと否定し、自分が書いたマニュアルをちゃんと読みなさいと仰ってます。

しかしながら、これではフランシス博士の意見のほうがよっぽど痛烈で、ほとんどトランプはサイコパスだと診断を下しているようなものです。精神的苦痛を感じていないことこそが問題なんですから。

なお、アメリカ精神医学会の倫理規定は、かつて左派の精神科医たちが右派の大統領候補者を勝手に診断して政治問題化したため定められたもので、実際に直接診察しないままに診断が可能かどうかという科学的問題はあまり関係ありません。

とくにトランプのように永年に渡ってテレビやツイッターで言動をあからさまに披露し続けた人物なら、病室で数日診察するより正確な診断が下せることもあるでしょう。

"